2008年04月21日

パックに表記されている原材料

スープパックの原材料
食肉(鶏肉、鳥骨、鳥皮)
野菜(玉葱、人参、土生姜等)
チキンエキス、調味料(アミノ酸など)
(原料の一部に豚肉、大豆、小麦を含む)

醤油ダレの原材料

薄口醤油、ポークエキス、野菜エキス、砂糖、食塩、
アルコール、調味料
(原料の一部に豚肉、大豆、小麦を含む)


一年ほど前に見たパックの原材料には
過去のレスにもあるように米粉が記載されていた記憶があるが、
今はこの表記が消えている。


ここからは個人的な感想を踏まえての勝手な妄想なので、
おかしなところがあったら色々ご指摘願います。

野菜類を見てもらうとわかると思うが、種類の表記に「等」
という字が記載されていないことから、使用している肉類は鳥のみだと思われる。

卵の表記は見当たらない。
アレルギー体質の人口も増えたため、卵などが入っている
場合も必ず記載されているはずだと思われる。

スープだけのの状態で匂いをかいでみたが、アンモニア臭は全くしなかった。
鶏がらスープを濃くした香りで、味も基本的に味の薄い鶏がらスープ。
塩気は殆ど感じられなかった。因みに卵の匂いもしない。

このことから、スープの味付けは醤油ダレが決め手だと思われる。

醤油ダレから甘みはそんなに感じられなかった。
むしろ和風のさっぱりとした味。ただし塩気は強い。
油分を含まず、さらさらしている。
例えるとしたら、オーソドックスな納豆(おかめ納豆等)のたれを
更にしょっぱくしたような味。

生麺からは茹でていない状態でも強いアンモニア臭と卵の匂いがした。
よって、卵とアンモニア臭(かんすい)の原因は麺からきているものだと思われる。

いくつかの市販の生麺と比べてみたが、天一生麺の匂いのキツさはダントツだった。
この麺がスープと絡まって初めてあの独特の匂いが生まれることが解った。

スープのパックに表記されている
(原料の一部に豚肉、大豆、小麦を含む)が不明だが、
http://www.shimaya.co.jp/hiroba/toiawase/genzairyo.html
ここの「原材料の「調味料(アミノ酸等)」とはどういうものですか?」
に対する答えと、あるサイトで見たイスラム教の戒律に反する
豚肉が含まれていることがあるという情報から、調味料の原材料である
可能性も見えてきた。


冷たい状態でパックから出したスープの硬さと粘度は缶詰の
デミグラスソースと酷使していた。
ただし、火にかけるとだいぶシャバシャバしている。
ちょっと薄いコーンスープのような感じ。

麺を投入して初めてドロドロになる感じ。

安い中華麺だと湯切りをしっかりしてもスープがドロドロになる事があるので、
これと似たような現象だと思われる。

ってか思いたい。貧乏だから出来れば安上がりに済ませたい。





posted by てんぴん at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | パックに表記されている材料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94129519

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。